スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴーヤとシロナの煮びたし 

適当な晩御飯

ゴーヤとシロナの煮びたし先日ゴーヤチャンプルーを作った。巨大なゴーヤだったので、1/4くらい余った。それを使ってシロナと煮びたしに。

材料は、豚バラ肉ゴーヤシロナ(半束くらい)、人参エリンギ

作り方はいつものように適当。
豚バラ肉を油で炒めて、残りの材料を入れて、だしつゆ+薄口しょうゆナンプラーを加えて煮る。

ナンプラー、好きなんです。和風に一味違った味が加わって面白いですよ。

水茄子、塩もみ 

水茄子の塩もみ
友人から水茄子をもらった。
朝採りだよ!ということで、塩もみにして食べた。

すっごく、美味しいっ!

地元のものなので、ここら辺ではとても安く買えるのだが、やっぱり朝採りは違う。
満足~

鏡石山の生物・おまけ 

鏡石山で見た生物、補足。

ワラビ  ワラビ山頂に生えていたワラビ
シダ植物の一種。
ほとんど葉になっていたが、食べられそうなものもチラホラ。

黄色いキノコ黄色いキノコ。

毒々しいな。
食べられ…はしないだろうな~(^^;


ワラビの葉は授業で見せようと思って持って帰ったのだが、早々に枯れてしまった。昨年採ったタマシダやハカタシダは長くもったのだが、ワラビは枯れ易いのか…。

生徒に「ワラビを見たことがあるか?食べたことは?」と聞くとほとんど反応が返ってこない。「山菜ごはんに入ってるよ」と言ってもなかなか。
最近は山菜なんて食べないのかなあ。お母さん方はたぶん私と同年代だと思うんだけど…。
という話を、いつもランチにでかけるお友達にしたら、「私らくらいまでは食べるねん。私らの3つくらい下から食べへんようになるねん」と同い年の友人が言った。そしてランチグループの3つ以上年下の友人たちは一様に「食べない」らしい。もちろん田舎育ちの人は食べるのだろうけど。

ちなみに「エンドウ」も生徒には馴染みが薄いらしい。(エンドウはご存知、「遺伝」で出てくる) 決まって出てくる答えが「エダマメ?」 うーん、そっちはよく食べるんだね?(笑) それは大豆。
豆ごはんもあまり食べないみたい。私など、春になると1度は豆ごはんを食べたいと思うんだけど。
グリーンピースだよと言うとなんとかわかるらしい。
エンドウは採れる季節が限られているので、スナップエンドウを持って行って見せるようにしている。
そう言えば最近はグリンピースもあんまり食べないなあ。ランチの間にそんな話になった。。オムライス…にも今は入ってないし、シュウマイの上…も最近のには乗ってないなあ。これも時代か(^^;

鏡石山 

和歌山県海南市にある鏡石山に行ってきた。カテゴリーは「山登り」だけど、お散歩といった感じで。

「目が覚めたた出かけよか~」といういつものいい加減さで、10時半過ぎに車で出発。歩くのは往復1時間くらいだと、以前にこの辺りを歩いたダンナが言うので、山登り用のズボンではなく普通の綿パンにミニザック姿。一応シャツと靴はは山用。

12:00頃、雨の森の展望台に到着。ここに駐車場がある。薄曇りだったので、海南市や海は霞んで見える。
野鳥もたくさんいる。ヤマガラがとてもたくさんいた。ヤマガラは色柄のはっきりした可愛い小鳥だが、グレーがかったものもいた。若鳥なのかな?
展望台を後にして、鏡石山へ。

鏡石山、道中適度なアップダウンが続く。7月だけど気温は低めなので快適。もちろん汗だくではあるが。

写真は分岐にある標識。
こういう道は歩いていて気持ちがいい。途中にはヤマモモの実がたくさん落ちていた。

ん?なんか、なかなか頂上に着かへんねんけど…。往復1時間って嘘っぽいぞ?ダンナのいい加減さはいつものことである…。

鏡石山、山頂途中、鏡石山の由来となった”鏡石”という岩を通過してようやく鏡石山山頂に到着!結局、駐車場から1時間かかった。
小さな山頂は開けていて、遅いワラビが生えていた。
ここでお弁当。
一緒に写っているのは、ダンナが履いてきた一本歯の下駄。

シジミシジミが数匹飛んでいる。手に止まって口を伸ばして何か吸っている。
汗?塩?
払ってもすぐやってくる。しきりに吸っているので私の腕から何か美味しいモノが出ているのであろう(笑)

もと来た道を引き返す。道は少しぬかるんでいるので、登山靴の裏に土が詰まって滑りやすい。ガンガン下れないのでちょっとストレス。

途中、鉄塔の横を2回通る。鉄塔は開けたところに建っているので日が照っている。そしてそんなところでは…
でた!シマヘビの日向ぼっこ!!
一瞬目が合う。頭をくるっと反転させたシマヘビは、ささっと草むらの中に逃げて行った。体長1mはある立派なシマヘビだった。かわいけど……山では出会いたくない生き物だ(^^;

山頂から1時間弱で駐車場に到着。

道路脇のアジサイ駐車場から車で城跡を目指すも、車では行けそうにないのですぐに引き返す。
奇麗なアジサイが見られた。
往復2時間ちょいだったが、楽しいハイキングだった。

もっと朝早かったら、帰りは海沿いを走って水鳥を見ようと思っていたのだが、和歌ノ浦にだけ寄って、そのまま帰宅した。

きんぴらごぼう 

適当な晩ごはん
きんぴらごぼうごぼうの千切りを乾燥させた、乾燥ごぼう。便利でよく使っている。
いつもは味噌汁に入れたり、ごぼうサラダにしたりしているのだが、今回はきんぴらごぼうに。

作り方は適当。
・鶏のササミを茹で、手で裂いておく。
・湯もどしした乾燥ゴボウと千切りにした人参をゴマ油で炒める。
・ササミを入れたら砂糖、醤油、みりん、(少しだけ水も)入れて味付け。汁気がなくなってきたらできあがり。

油揚げがなかったので、ササミにしてみた。ササミは美味しいものを使うのがコツ(コツというか…^^;) おいしいものは茹でてもカスカスにならないのだ。
あ!ゴマかけるの忘れてた!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。