スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土生姜の保存ケース 

生姜の保存ケース土生姜って、買ってもすぐにくに黒くなったりカビが生えたりしませんか?

土生姜は冷奴の薬味にしたり、野菜炒めの炒め始めにみじん切りを使ったりとなくてはならない食材なのだが、如何せん2人暮らしだと1個使い切るのに結構な日にちがかかるのである。

以前は買ったときのまま袋に入れておいて、冷蔵庫の中でしょっちゅう腐らせていた。すりおろしてから小分けにして冷凍するという方法もあるようだが、みじん切りにして使いたいことが多いのでそれもちょっと…。邪魔くさいし(^^;

袋に入れて保存していて、たくさんの水滴が付いていることに気が付いた。
水滴がなければ腐らないのでは?
そう思って購入したのが写真のこれ、小さめのタッパーである。

タッパーの下に1枚のキッチンペーパーを折って敷く。タッパーの内側に水滴が付いてきたら底に敷いたペーパーで拭きとって新しいペーパーと取り替える。だいたい1週間に1回くらいかな。これだけで生姜は驚くほど長持ちする。

なんの変哲もないですね(^^;
最近お料理雑誌や主婦のための雑誌を買っていないので皆さんご承知のことだったらすみません。
お友達の誰に言っても「へぇ~、そうなんや~!」と言われるので書いてみました。
我が家は10年近くこのタッパーを愛用しています。すなわちキッチンのお気に入り!(^^)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fusen.blog23.fc2.com/tb.php/5-6650fb39

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。