スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鏡石山 

和歌山県海南市にある鏡石山に行ってきた。カテゴリーは「山登り」だけど、お散歩といった感じで。

「目が覚めたた出かけよか~」といういつものいい加減さで、10時半過ぎに車で出発。歩くのは往復1時間くらいだと、以前にこの辺りを歩いたダンナが言うので、山登り用のズボンではなく普通の綿パンにミニザック姿。一応シャツと靴はは山用。

12:00頃、雨の森の展望台に到着。ここに駐車場がある。薄曇りだったので、海南市や海は霞んで見える。
野鳥もたくさんいる。ヤマガラがとてもたくさんいた。ヤマガラは色柄のはっきりした可愛い小鳥だが、グレーがかったものもいた。若鳥なのかな?
展望台を後にして、鏡石山へ。

鏡石山、道中適度なアップダウンが続く。7月だけど気温は低めなので快適。もちろん汗だくではあるが。

写真は分岐にある標識。
こういう道は歩いていて気持ちがいい。途中にはヤマモモの実がたくさん落ちていた。

ん?なんか、なかなか頂上に着かへんねんけど…。往復1時間って嘘っぽいぞ?ダンナのいい加減さはいつものことである…。

鏡石山、山頂途中、鏡石山の由来となった”鏡石”という岩を通過してようやく鏡石山山頂に到着!結局、駐車場から1時間かかった。
小さな山頂は開けていて、遅いワラビが生えていた。
ここでお弁当。
一緒に写っているのは、ダンナが履いてきた一本歯の下駄。

シジミシジミが数匹飛んでいる。手に止まって口を伸ばして何か吸っている。
汗?塩?
払ってもすぐやってくる。しきりに吸っているので私の腕から何か美味しいモノが出ているのであろう(笑)

もと来た道を引き返す。道は少しぬかるんでいるので、登山靴の裏に土が詰まって滑りやすい。ガンガン下れないのでちょっとストレス。

途中、鉄塔の横を2回通る。鉄塔は開けたところに建っているので日が照っている。そしてそんなところでは…
でた!シマヘビの日向ぼっこ!!
一瞬目が合う。頭をくるっと反転させたシマヘビは、ささっと草むらの中に逃げて行った。体長1mはある立派なシマヘビだった。かわいけど……山では出会いたくない生き物だ(^^;

山頂から1時間弱で駐車場に到着。

道路脇のアジサイ駐車場から車で城跡を目指すも、車では行けそうにないのですぐに引き返す。
奇麗なアジサイが見られた。
往復2時間ちょいだったが、楽しいハイキングだった。

もっと朝早かったら、帰りは海沿いを走って水鳥を見ようと思っていたのだが、和歌ノ浦にだけ寄って、そのまま帰宅した。

スポンサーサイト

犬鳴山 天狗岳 

祝日の23日に犬鳴山の七宝瀧寺から燈明ヶ岳天狗岳に登ってきた。
車を七宝瀧寺の駐車場に停めて出発。
七宝瀧寺は役ノ行者が開いたお寺で、修験道の聖地だそうだ。1日体験修行というのもやっていて、ダンナは参加したことがある。滝行もやったそうな。スゴイよ…(^^;

お不動さん大きなお不動さん
登山道はこの写真の右の端っこにある。
12:15 に登りはじめる。ここから40分間、結構な急登が続く。
登山道はハイキング道などと比べると険しいが、踏み跡もしっかりしているし登りやすい。10日前にも少し登ったので山用の脚の筋肉もついたようで、この40分の登りがとても楽しい。

燈明ヶ岳急登を登り切ると燈明ヶ岳に到着。12:50。
鳥居と祠がある。
ここは”葛城修験犬鳴山内二十八宿 第十三番 燈明ヶ岳”とある。

高城山

燈明ヶ岳からの景色
東側に高城山(558m)が見える。
今年の紅葉は遅かったが、だいぶ紅葉している。


燈明ヶ岳からの景色
燈明ヶ岳からの景色2
北側を見ると、大阪湾と関空とうっすらと淡路島が見える。天気が良いと明石大橋も見えるのだが今日は霞んでいて見えない。
ここから尾根沿いの道を天狗岳に向かう。


天狗岳の天狗像天狗岳の天狗の像
経塚権現山を経て天狗岳に到着。13:25。
ここまでは主に尾根歩きだが、少しアップダウンもあって快適な道だった。
天狗岳(558m)の山頂のすぐ下にはこの天狗の像がある。
天狗と一緒に記念撮影をして(^^;、もと来た道を帰る。

燈明ヶ岳に引き返し、そこでゆっくりお弁当を食べてから七宝瀧寺まで下る。
ダンナはまたもや下駄(しかも一本歯)を履いて登山をしてるので下るスピードはとても遅い。私は昔とったなんとかというやつで、下るのはとても速い。ここから別々に下ることにする。
「下り用の脚の筋肉も鍛えたろう~」と思い、ノンストップでガンガン下ったら10分でお寺に着いてしまった。地図上では下り30分となっているのでかなりかっ飛ばしたようだ。現在筋肉痛に苛まれている…(^^;

ダンナと合流後、ぶらぶらお参りに。
本堂と滝行場に行き、ついでに紅葉狩りも兼ねて(あまり紅葉してなかったけど)渓流沿いを下る。そしてもう一度駐車場まで登り帰してから帰宅の途に着いた。

帰宅ついでに車で犬鳴山から和泉葛城山に行った。休日なので山頂には車も人も結構いる。
私のねらいは休日にここで売っている野菜や果物を買うことだったのでした。ジャガイモと新キャベツが買えてよかった(^^)

泉南 飯盛山 

13日の日曜日、飯盛山に登ってきた。
飯盛山は泉南郡岬町にある標高384.5メートルの低い山だ。
朝起きて車でのんびり出発したので、登山口の岬町青少年の森に着いたのは13:00。ちょっと曇ってきたけど、私は登山靴を履き、ダンナは一本歯のゲタを履いて(…)山頂を目指してスタート。

登りはじめた辺り登りはじめた辺り

木立と下草が綺麗。約20分ほど急登が続く。地図には「関電道」と書いてある。

キノコ
関電道の途中、倒木に生えていたキノコ
食べたくないなあ…。

分岐

急登終了。T字の分岐となる。
左に行くと札立山、右に行くと飯盛山。ここからは尾根歩きが多くなる。

右側を向いて写真をパチリ。右端の樹に「山は楽しい」という札が付いていた。
この写真は実は帰りに撮ったものなので、向こう側からダンナが歩いてきてます。


あけびあけび
”あけび街道”と呼んでもいいくらい、道にはあけびがゴロゴロ落ちていた。
時期的にはちょっと遅いのかな。残念ながら、割ってみると食べられそうな部分はなかった。


おいしい
いちご?名称わからず。
ちょうど今の時期、食べ頃のようだ。たくさん実っている。
私たちのような登山者が食べたのだろうか、実がもがれてガクだけが残っているものがたくさんある。
私もたくさん食べましたとも。美味しかった(^^)


飯盛山山頂飯盛山山頂
真っ青な空と海と関空と淡路島と友ヶ島が見えるはずだったのだか、残念ながら空も海も白っぽくて区別がつかない。展望の良いときにもう一度こないとね。

山頂でお弁当を食べ、お湯を沸かしてコーヒーを飲む。
山の上で食べるご飯はどうしてこんなに美味しいんだろう。

山頂でのんびりした後、もと来た道を戻る。
登山口に着いたのは 15:40 だった。

南アルプス行き中止 

20040730_koudoushoku.jpg
外はえらい風が吹いています。

台風です。

登山は中止になりました(涙)

個人山行だったら行くか行くまいかかなり迷うところなのですが(最終日の天気に賭けて行くとかね)、今回は知人の会社の山岳部に混ぜてもらって行くことになってましたので、金曜の朝早々に中止の伝達が届きました。

今回は甲斐駒ケ岳と仙丈ケ岳に登る予定だったのですが、甲斐駒はすごく好きな山であるにも関わらず一度も登ったことがなかったでとても楽しみにしていたのです。

あ~~残念です~~。

行動食もこーんなに色々買ったのに~~~。せっかく買ったので公開してしまいます。
この中から好みのものを少しずつ詰めて持ってくのだ。

杏仁プリン 今年初めて山で食べてみたけどオススメ!
ゼリー 夏はやっぱりこれがないと。あ、こんにゃくゼリーはダメです。エネルギーが補給できないから
AminoVITAL ヴィーダーインゼリーよりもこっちが好み
あんドーナツ ただのドーナツよりも喉が詰まらない
粉末ソーダ 水に飽きたらこの1杯が天国なのだ
ソーセージ 常温保存可能なもの。いつも持って行く
ちいさいマヨネーズ ソーセージにつけて食べると贅沢~
カロリーメイト 非常食
牛乳 私固有の非常時用飲料なのだ。もちろん常温保存可能品
 数種類
Feグミ プルーンでもいいんですけどね

すごい量だ~。
行動食買うのって楽しいんですよね~。

雨後のキノコ 

きのこ7月末に久々の南アルプス登山を控えています。
本チャンで楽をするためにトレーニングは欠かせません。というわけで、6月末から毎週低山歩きをしています。

先週の日曜は山中渓(やまなかだに)の銀の峰コースへ。暑さのためにヘロヘロになってしまいました。

今週の日曜は、一徳坊山(いっとくぼんざん)へ。
コースは 日野~旗倉山~一徳坊山~編笠山~一徳坊山~大ザオ谷
道を間違えて登り返したりしてるうちに6時間コースになっちゃいました(^^; 良いトレーニングになりました。

それにしても、暑いし、蚊にはさされるし、ヘビやトカゲにも会い放題!(遭い放題?)
夏の低山はスリリングです。
写真はキノコ。
前日に雨が降ったせいか、道のあちこちに大きなキノコがボコボコと生えていました。
せめてこれが食べられたらな~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。